履歴書は数字で表す 前編

―僕は数学がキライで
  テストで『15点』とったことがある―


面接の場で、いかに自分を正確に伝えられるか?

20分の短い時間でどれだけ伝えられるか?

自分は5人の集団面接のうち、上位2人だと伝えられるか?


今回は『数字で表す志望動機』



それは相手にとって分かりやすい表現で自己PRすることが有効です。


志望動機や自己PRで、どれだけ良いセリフを使っても

結局伝わるのは『熱意とヤル気』だけです。
(もちろんコレも大切ですが)


どれだけ簡単に、どれだけ真実身を持って伝えるかは

『自慢できることは数字で』伝えるべきなんです。



例えば…

~野球部出身のAくんの場合~

『私は、体力に自信があります。野球部での毎日苦しい練習で、体力と精神力を磨きました』

この場合、確かに野球部で苦労したんだと伝わりますが
どれくらい頑張ったのかは伝わりません。




数字に置き換えると…



~野球部Bくんの場合~

『私は、体力に自信があります。野球部員が40人居るなかで2年半の間レギュラーとして参加し、県大会でも1位を勝ち取りました。』

こんな感じで、何をどれくらい頑張ったのか伝わりやすくなります。

・競争率の高いレギュラー争いでの勝負根性
・部活の練習を2年続ける根性と習慣性がある
・チームワークの大切さを知っている

伝わるのはこれだけじゃない。

『自分のことを具体的に伝えることができる!』という
オマケまでついてきます(笑)



今回は野球部の例を挙げましたが、次回は別の部活動やアルバイトを『数値化』してみましょう。


では。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック