高校新卒ジェネレーションギャップ 応募企業

―バブル崩壊前後のギャップはここにもある―

■親世代はバブル崩壊前の常識を持ったままなことが多い。
■近年のリーマンショック+震災が高校新卒就職に与えた影響を知らない。

それゆえに、高校新卒の就職事情は前もって知っていてほしいです。


一昔前の高校新卒就職は…

銀行、上場企業、コマーシャルで見たことあるような企業がズラリとならび
しかも企業から学校へ『是非生徒さまをご紹介ください』と挨拶にくるほどだったとか。


一方、現在は…

高校新卒を育てようとする企業はリーマンショック以降で激減しています。
中でも有名企業と呼ばれる求人はほんのひと握り。上場企業は数%程度。


明らかに売り手と買い手が180度入れ替わっています。


数少ない有名企業を生徒たちが取り合う。

その競争をフェアに判断するのが『校内選考』です。
成績順に応募企業を選ぶことができる仕組みです。


学校は学ぶ場なので学業(与えられた役割)で結果を出す者を優先するのは当然です。
成績=職業能力とは限りませんが、努力する能力としては評価できます。


残念ながら、成績の良くない生徒は志望企業に応募できる可能性が低いです。

そんな現状を知らず、生徒が自宅に求人票を持って帰ると
保護者は『もっと良い企業にしなさい』と突き返してしまう。

わが子が校内選考を勝ち残れないことを知らずにショックを受けてしまう。
そして現状を理解して『こんなハズじゃなかった』と落ち込む保護者。

仕方ないことだとは判りつつも、僕が見たくないシーンの一つです。


で、校内選考では評定平均を基に優先順位が決められます。
その評定平均を上げるには大きく3つ。

①欠席しない
②提出物を確実に出す
③テストで高得点を取る
(その他、クラブ活動や生活態度を評価に追加する学校もあります)

この原則を守って好成績をキープできれば、応募先を選びやすくなります。


ただ、有名な企業だから幸せになれるとは言えないです。


しかし、成績は『行きたい会社を選ぶための権利』なんです。
それだけでも、1年生から努力を続ける価値は充分にありますよね?


■一昔前とは高校新卒のニーズが変わっていること。
■希望を叶えるための競争が激化していること。
■それと、学校の成績が思いのほか重要であること。

この三つを今の保護者には前もって知っていてほしいと願うばかりです。


学校の勉強が社会に出て役に立つとは限らない。
けど、それよりもっと早く訪れる、進路を選択で役に立つのは確実です。



ちなみに僕は有名企業で働いたことがありません。
今も不安が大きくて幸せとは思えない。だからリーマン先生になると決めた。
ボーナスもなく、給料は驚くほど安いですが(笑)

でも幸せになる方向をちゃんと向いているので、たぶん大丈夫です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック