5回の面接で気づく前に

―誤解を解くのは難しいけど
    誤解を招かないのはカンタン―


おとなしい生徒

静かな生徒

マジメな生徒


学校の先生は『よく授業を聞いてくれる』と喜ばれてるようですが
就職となると、これまた事情が異なる。


『大人しいタイプ』は誤解されやすい。
だって、時間の少ない就職面接では『やる気がない』と見えてしまうから。


『マジメ=ダメ』ってワケじゃない。


モーレツに元気でヤンチャな人間だけが働ける社会なんて…
想像しただけでも『日本沈没』ですよ(笑)


マジメで、コツコツと物事を進めるタイプは貴重です。ホントに。

でも、誤解されるのはなぜか?

それは…
『ゆったり感』がともなってないからです。

見た目、話す内容、成績などからマジメさが伝わるものの
動きがションボリしてるパターンが多い。


特に下を向いてたりね。
話すのが苦手だったりね。


元気とガッツに溢れてなくていい。

ペチャクチャしゃべらなくていい。

『ゆったり』やればいい。


せめて『面接室に入って7秒』くらいはゆったりと。


―誤解を解くのは難しいけど
    誤解を招かないのはカンタン―

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック