年度ごとにこうも変わるものか?


―同じことの繰り返しだと思ってたら
    大怪我しそうな高校新卒キャリコン業界―


新年度。

どうでもいい話ですが、4月から物事がスタートするのってキリが悪いですよね。
正月で全部仕切りなおしできればテンションも変わろうものを(笑)

とまぁ、それを言ったところでどうにもならないので本題へ。



新年度。

卒業した元3年生も社会・新学校へとステージを変えて、また新しい3年生が来る。

17~18歳(たまに19歳)で、同じ3年生なのに、年度によって全然反応が違う。


…なぜ?


高校入試の倍率の違い?

担当学年の教育方針の違い?

流行の違い?


……どう違うかというと

とある年は『小学生なみのパーティ状態』

はたまた『中学生なみの責任感』

逆に『キミら何歳?僕より年上??(笑)』


同じ就職のアドバイスをするのにも、反応がまったく異なる。


(でもタメグチなのは変わらない…)


この仕事、先入観を作っちゃダメですね。


特に外部の人間としての視点を失わないためにも
毎年驚いてるほうが学校のためになるのかもしれない。


―同じことの繰り返しだと思ってたら
    大怪我しそうな高校新卒キャリコン業界―

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック